カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

デッキシューズと防水ケース

みなさま
GWはいかがでしたか?
毎年大西で大荒れになっちゃうことが多いGWですが、今年は良い天気が続きました。
午後にはサーマルが強く吹きましたけど、ほぼ毎日海に出られたのではないでしょうか。

サトウも愛犬といっしょにフネに乗せていただいておりました。



足元は、最近お気に入りの、トップサイダーの新デッキシューズです。



今月からシープラザでもスペリー・トップサイダーを再び取扱うことになりましたが、
コイツは取扱前、ボートショーのトップサイダーブースで個人的に買っちゃったモノです。

軽いし、デザインも良いし、一発で気に入りました。


スペリー・トップサイダー セブンシーズ

何より、スペリーにしては比較的細くないデザインで、
サイズはひとつ上げましたが自分でも履ける!
(甲高ダンビロで、昔からスペリーの靴は履けないのが多かったのです)

実際に海で使っても、デッキ上で自然で安心感のあるグリップだし、メッシュのベタつきや硬さも感じないし
すぐ乾くし、臭くなりにくいし、満足のいくフットギアです。

値段も安い。

7シーズはスペリーが世界で力を入れて売ってく重点モデルみたいで、海外のショップでもけっこう目にします。
スケールメリットがあるのでしょう。文句なくハイコストパフォーマンスだと思います。

販売価格はアメリカで89〜90ドル、日本の税込み9,720円はむしろ安いくらいというのも嬉しい。

気軽にフネで水に濡らしながら裸足で履くデッキシューズとしては、ベストチョイスではないでしょうか。



洗える革のデッキモカシンも!
こちらはちょっと細目

スペリー・トップサイダー A/Oウォッシャブル


さて、そんなお気に入りをブログで載せようと、iphone自撮りでフネの上で張り切ってタクサン写真を撮ったのですが、

港に帰ってポンツーンの上でかがんだ瞬間・・・

iphoneが胸ポケットから滑り落ち、慌てて押さえる指をすり抜け、

ポチャンと・・・
ゆらゆら沈んでゆきました。

あ〜iphoneは胸ポケット厳禁なのに・・・と悔やんでも後の祭り。
とりあえずパンツ一丁で初泳ぎ。

水深3mの海底のヘドロに、沈没船のように突き刺さっておりました。



すぐに水を切って真水に漬け込み、家に帰ってカメラの除湿ケースに入れ

乾いたと思われるころスイッチを入れてみましたが・・・

リンゴマークの後で変なパターンを表示して昇天



そう、iphoneはずっとライフプルーフを付けて使っていたのに。
嗚呼 最近、ライフプルーフ外しちゃったんですよね〜〜〜

どうせなら付けてる時に落ちてほしかった。でも滑りにくいので胸ポケットから落ちなかったんです。

手元には、主のいなくなったライフプルーフが・・・



あ〜付けときゃヨカッタ!!!!!

そういう悲しみを味わわないように

ライフプルーフはこちらから。

ウイークデイからシエスタ

シープラザスタッフ サトウです。

細かいモノなのですが、最近のお気に入りをご紹介。

なんでマタドールなのかわかりませんが、「マタドール」と言う名の超コンパクト収納ブランケットです。


畳んだ姿はコレ


とにかくめちゃめちゃ小さくたためるシートです。
収納サイズは指先でつまめるほど。たたんだハンカチよりも小さいくらい。
持ち運びにマッタク邪魔になりません。

それを広げると・・・
70cm×110cmの防水シートが登場します。



花見とか、犬の散歩とか、ビーチの散歩とか、これを持っていけばどこでも気にせずくつろげます。
特に芝生とか、けっこう湿っていて、そのまま座るとお尻が濡れたりするんですが、
そんな心配もありません。

ウスラでかいサトウでも余裕のサイズ

110cmのサイズがあるので、二人で並んで座ることも可能です。





180cmの自分でも、頭からお尻まで入りますので、なんとか横になることも出来ます。

たたみ方のガイドが縫い込まれているので、この小ささに畳んで戻せるかって心配も無用です。
赤い糸どおりに丁寧に織り込んで、最後収納部分をくるっと裏返して入れてしまえば元通りコンパクトな姿に戻ります。

欠点が一つあるとすると、小さすぎて置き場所を決めておかないと見失ってしまうこと。
それほどコンパクトです。


さらに、二人でゆったりの大型サイズも!



ミニブランケットほどの衝撃的な収納サイズではないのですが、それでもお財布よりは小さい。
ここに110cm×160cmのシートが収納されています。



最近は、お昼にこれを持ってシープラザそばの公園に行って、ランチ&シエスタがマイブーム。
ランチにレジャーシートを持っていくのは気が引けますが、これならポケットにすっぽり入って気づかれません。







これからの季節は、花火見物にも重宝ですね!


ご購入はこちらから
マタドール・超コンパクトシート matador ポケットブランケット

マタドール・超コンパクトシート matador ミニブランケット

ダイビングにも「PLB」を

世界の海域で使える個人用遭難信号発信機「PLB」。
ダイバーの漂流事故に対応する、ダイビング用の耐圧防水ハウジングが発売となりました。
レスキューリンク+用 耐圧防水PLBキャニスター 

PLB ACRレスキューリンク+ 日本仕様 


PLBは、大型船舶に搭載が義務付けられた遭難信号発信機「イーパーブ」と同じ全世界的な遭難救助システムです。イーパーブが船舶を登録するのに対し、PLBは個人を登録するという違いだけで、機能的にはほぼ同じものです。

日本での使用が認められ、販売がはじまったのが2016年3月という新しいアイテム。主にヨット・ボートで使われ一般にはまだ広く知られてはいませんが、世界ではすでに50万台以上も普及し、毎年多くの救助実績をのこしています。

PLBについて詳しくはこちらから


ダイバーが自分で選択し、自分の身を守る新しいレスキューアイテム


PLBは、通信手段を持たないダイバーにとって、漂流事故の際にとても有効なレスキューアイテムです。

PLBの発信する遭難信号には、GPSによる位置情報と、誰の所有する機器かがわかる識別番号が含まれています。遭難信号ははるか上空の静止衛星と低軌道を回る衛星を経由し、地球上数カ所にある地上局に受信され、そのエリアの救難組織に共有されます。同時に日本国内で登録されたPLBは、世界のどこにいても海上保安庁に照会されます。

これは、船舶の遭難救助とまったく同じ手順です。

つまり、スイッチを押すと船舶の遭難と同じレベルでオオゴトになりますが、同じように確実に救助機関に連絡が入るということです。

通常漂流事故が起きた際、救助側は現場の海流や風などから位置を推測し、大海原を目視で捜索しなければなりません。レーダーリフレクターを持っていればレーダーが助けになりますが、レーダーの反射が遭難者であるかどうかは行ってみないとわかりません。実際におきてしまった最悪のケースも、ダイバーならいくつか思い当たるのではないでしょうか。

それに対し、PLBを持っていれば救助側には人工衛星を通じて刻々と現在位置が知らされます。救助側はその位置に向かって最短距離で最短の時間で到着できるはずです。


ダイバー用ハウジング

PLB本体は防水性能がありますが、ダイビングに使える耐圧性は持っていません。そこでダイバーが携帯するために必要な耐圧防水ハウジングを準備する必要がありました。
そこで日本で認可されたPLB レスキューリンク+にサイズを合わせて、英国Custom Divers社に制作を依頼したのがこのレスキューリンク+用 耐圧防水PLBキャニスターです。

PLBの国内での認可と耐圧ハウジングの登場により、ダイバーは新たなレスキューアイテムを手にすることができるようになりました。
それは、ガイドやボート任せではなく、はじめてダイバーが自発的に救助手段を持つことができるアイテムでもあります。

PLB レスキューリンク+ 耐圧防水キャニスターはこちらから


格言??

20年くらい前に輸入したヨットのプレート。
開かずの棚から大量に発見しました・・・・

こういうヤツ


どこでもいっしょなんですね〜


イヤです。


ふむふむ


屁理屈に同意


感謝! してます!!


誰かの顔を思い浮かべましたね?


こんなのが大量に出てきました!!

当時、1500円とか2000円で売っていたはずです。あまり売れてないと思うけど。



おひま潰しに、ご覧くださいませ。

FUN PLAQUES


コーラル生地 製造終了!!

KAZIマリングッズで15年以上のロングセラー、コーラル生地が生産終了になっちゃうようです。

なんでも、コーラル用の原糸が熊本地震の影響で製造できなくなったとか・・・

 
ボートカバー用の生地としては、サンブレラが世界的に有名ですが、一般に流通する「ノーマル」のサンブレラよりはコーラルのほうが耐候性や耐色あせの性能は上なんです。

いつから使ってるんだっけ?って思うくらい、ゼンゼン退色しないんです。

さらに、サンブレラのノーマルはボーボー燃えるのですが、コーラルは難燃性です。




追加の入荷が無いので、手元にある在庫で終了・・・

ご購入はコチラから

お早めにどうぞ。

超コンパクト・パッカブルバッグ

シープラザスタッフ サトウです。

商談中にサンプルを見るなり衝動買いしてしまったという、バックパックをご紹介。



シルバ・キャリードライバックパック 23L


営業でいらしたシルバのUさんが取りいだしたる、小さくパッキングされた小袋。

「何だと思います」と聞かれて、まさかバッグだとは思いませんでした。



ほとんどビール缶と同じサイズ。



広げてみると

なんと、バックパックじゃあありませんか。
しかも、けっこうちゃんとしたサイズ。



肩の部分も、メッシュで薄いけれども
幅広に作られていて
肩当たりもやわらかそう。


それにしても、メチャメチャ軽い。
広げてみると特に軽さを感じます。


そして何と!縫い目もテーピングされた防水設計じゃありませんか。

価格も聞かない前から、思わず個人的に買うから送ってほしいと衝動買いしてしまいました。
あんまり無いことです。

とりあえず、撮影のために海に持って行ってみました。



「防水」ですから、一応水に落っことしてみます。



もっと深いところで撮ればよかったですが、スマホ&防水ケースで撮影だったもので・・・



バッグそのものが非常に軽いので、中身も軽いと風で流されて行っちゃいます。



そして、自撮り棒ではバックパックは撮せないのだ、ということを学習しました。


ちなみに撮影は


ディカパックC1Aスマホ用 71504

防水セルフィースティック ディカパック用 71506

のセットとiPhoneでした。


ワンコにもライフジャケットを!

シープラザスタッフ サトウです。
梅雨も明けていよいよ夏本番
というわけで、ウチのワンコも先輩犬のクルーザーに乗せてもらい、夏満喫です。


犬を飼い始める前には、
犬に服を着せたり、犬にライフジャケット着けたり、なんて理解できませんでした。

が、今は着せています。

ワンコは泳げるとはいえ
臆病でパニックおこしますし。



セーリング中に落ちたことはありませんが、
万が一のときは、ライフジャケットを着けていたほうが発見しやすいですし、

背中のループで艇への回収も楽です。

小型犬なら、ボートフックで引きあげることも出来ます。


ノンスリップソールの元になった肉球を持っていても、四足でも、

見ているとけっこうバランス崩しています。

セールボートの場合は特に、ライフジャケット着せてあげて下さい。



先輩犬のオレンジはこちらのLOGOSの製品です。

    
http://goo.gl/RP0Nst


プラスチモの犬用ライフジャケットは、柔らかくてフィット感に優れ、特に小型犬にはオススメ。
      
座ったり走ったりする動きを妨げません。
http://goo.gl/WRqSba



(ウチのが着ている黄色いヤツは、お友達のお下がりで実は弊社での扱いが無い!! ちょっとゴワゴワです)

ワンコ用ライフジャケットはこちらから
http://goo.gl/sg07JN


カマカ100週年!!


今年もスプーナーの季節です。

(個人的に)待ちに待った
レインスプーナー・KAMAKA UKULELE 100YEARS
カマカウクレレの100週年を記念してつくられた限定モデル。
入荷しました。



もちろん購入です。

コレがやりたかった。


愛器、高木ブー先生のサイン入カマカです。





が、なんと残りわずかです!!

赤は追加無し。もしかするとブルーが入ってくるかもしれませんが、
ブルーはこれから●●さんや●●さんが着るとかで
こちらも入荷してもすぐに無くなってしまいそう。

おはやめにどうぞ!!

ご購入はこちらから

ほかにもレインスプーナー有り!


完全に個人の趣味ですが、スタッフサトウのおすすめです!

これぞ最高のハンモック!!

シープラザスタッフ サトウです。

マリングッズカタログ2016から、お気に入りシリーズ第二弾

その名も、ロッキングハンモック



今まで、沢山のフレーム付きハンモック見てきました。
kaziでも昔こんなのやってました。


このフレームハンモックは
鉄パイプで頑丈、そしてとにかく重かった。アウトドアったって、車じゃなきゃ運べないし、普段家においておくにはけっこうかさばるし、
家のデッキにはでかすぎてセット出来ないし
欲しいとは思いつつ断念してました。

しかし!ついに出ました。

これは今まで見た、どんなフレーム付きハンモックよりもスバラシイ。



たった2本のアルミフレームだけでできてます。
極限までシンプルで、力や重量を分散するエレガントなデザイン!



今までのフレーム付きハンモックの中で(たぶん)群を抜いて軽く、
組み立てが簡単で、




しかも、90キロ超の自分が乗ってもぜんぜん不安を感じない。



これは究極と言っていいハンモックです!!

重さはたった4.5kgしかありません。(前出のフレームハンモックは、全部で14kgぐらいありました)
ヒョイと肩にかけて、ビールと本を持って近所の木陰まで持って行けます。



パラソルと一緒に、浜辺に持っていけます。

組み立てもカンタン!!


片手で軽々



さらにさらに、ハンモックって、意外と乗り込むのが難しいんですが、
ロッキングハンモックには乗り込みの裏ワザが!
横からではなく椅子に座るようにまっすぐ乗り込むことができるのです。



設置スペースもコンパクト。3m×1.5mあれば ポンと置けますから、
ウチの小さいデッキでも、猫の額の庭でも使えます。

この夏、サトウのイチオシのアウトドアグッズです。

ご購入はコチラから

http://www.seaplaza.jp/SHOP/71621.html

ロッキングハンモック 税込み25,920円

コンセントなんか要らない?

シープラザスタッフ サトウです。
マリングッズカタログ2016はお手元に届きましたでしょうか。
お持ちでない方は、こちらからお申し込みください。
無料でお送りいたします。

さてさて今年のカタログ、新商品もいろいろ載ってますが
なかでもサトウのお気に入りはコチラ


スマホやタブレットなどが充電できる太陽電池パネルです。

ソルビアン・エナジーフライヤー4

太陽電池なんて珍しくないじゃん。

と思うかもしれませんが、

太陽電池って、見た目の格好良さの割に意外と出力がなくて、
バッテリーの補充電とか、そういうコトには威力を発揮しますが、

太陽電池で発電した電気を使いましょう、というと
レギュレーター入れたりバッテリー組み合わせたり、いろいろ面倒な割には
「うん コレは実用的!」という実感が正直なかったんです。

がしかし、この
ソリビアン エナジーフライヤー4は違いました。

はじめてサンプルが到着した日、とりあえず充電切れかけたiphone6に接続して、
特に期待もせずに窓にくっつけて置いてみました。

こんな感じで



で、そのまま仕事して、2時間ぐらい経って、食事に行こうとしたら

ほぼ満充電してる・・・

ちょっとビックリしました。コレはマックに繋げてるより早いんじゃない???

で、日なたに出て、電流を測ってみると
ちょっと春霞のかかったような晴天の日だったのですが、



おお、



5.24ボルトで1.6アンペアも出てる!!

この小さなボディで!

ビックリして定格を見てみると、なんと、最大2.8A とあるじゃないですか。
なかなかそこまで出ないにせよ、この天気で実測1.6アンペアは上出来です。
iphoneの急速充電がたしか1Aなので、完全に急速充電レベルです。


これなら、このエナジーフライヤーだけで携帯の電源は十分にまかなえます。完全に実用になるではないですか!!


そもそも、セーラーのみなさん

そもそも、このエナジーフライヤーは、イタリアの偉大なセーラー
ジョバンニ・ソルディーニ




「自分が欲しいから」

世界一周航海の途中で発案したモノらしいです。

バッテリーのように重量を増やすことなく、レース艇に持ち込んでもかさばることなく、確実に携帯電話を使うことができる電源が欲しい。
これがスタートだそうです。



ジョバンニが、たぶんそういうコトを語ってるはず・・・(まったくわかりませんが)


この効率の良さは、USBだけに出力しているという点にもあると思います。
いままでの12vの太陽電池でスマホを充電しようとすると

太陽電池>レギュレーター>バッテリーに充電>12V充電アダプター>スマホという流れ

12vのバッテリーに充電するときにロス、12vをスマホ充電の5vに変換するときにもロスします。

それに対してエナジーフライヤーはハナからUSBの電圧で発電し、内蔵のレギュレーターを介して直接スマホのバッテリーに充電。途中のロスが最小です。
これが、こんな小さな太陽電池であっという間に充電しちゃう理由だと思います。


スマホやタブレットにかぎらず、USBで充電するあらゆる機器に対応。


iphoneやipadはもちろん



デジタルカメラ


ムービーカメラ




ウェアラブルカメラ
こんなのもバッチリ充電可能。

さらに、モバイルバッテリーにも充電可能ですので、(モバイルバッテリーに充電するのはロスがあるとはいえ)
iphoneなどを充電したあとで、モバイルバッテリーにも充電しておけば
太陽が出ていない日の予備にもなります。



フネの上でも、アウトドアでも、そして非常時にも、ふつうにあたりまえに活躍する実用品です。
オススメ!!

ご購入はコチラから!

ソルビアン エナジーフライヤー4
http://www.seaplaza.jp/SHOP/71781.html