カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

たっぷり飲めます!

もともと「箱ワイン」という存在を知らなかったのですが、

最近お醤油を酸化しないパックのやつに変えまして、

もう戻れない、これいいね!と思っていたら、ワインでは昔からあるんだぜ~と先輩に教えられまして、

・・ということで、撮影に合わせて生まれて初めて買った箱ワインなのでした。

(泡盛は18l入りの箱モノお取り寄せしたりしてはいたのですが)


ワインはどうしても、開けるとのみ切らなきゃ、という気持ちになってしまいます。

が、箱ワインはいいですね。

好きな時に好きなだけ飲めて、空気に触れないから酸化が進まないし

翌日ビンを片付けるときに、「こんなに飲んだのか」と反省しなくていいし

翌日カミさんから「こんなに飲んだのか」という非難のマナザシを浴びずにすむし

ただし、その分飲みすぎてやっぱり反省・・・


箱は便利、でも、ちょっと雰囲気出ません。

で、その箱ワインをオシャレに飲もう、というのが

BLONDのワインバッグです。



箱をあけて中身のパックを入れ替えるのですが、

ものすごくコンパクトになってしまいます。

本当に3リットル入ってるのか疑いたくなるコンパクトさです。



持ち手がしっかりしているので、持った感じも軽い。

もともと箱ワインがコンパクトなのですが、さらに小さいイメージ。

3リットルといえば、ワインボトル4本

ワインボトル4本分のワインを持っているとは、とっても思えません。

マリーナやアウトドアに持っていくには、「最高」です。

家で詰め替えていけば、空き瓶も箱もゴミで持ち帰らなくてすみます。

底には、ご丁寧にラベルを切って入れておけるポケットも付いています。


ブームからぶら下げれば邪魔になりません。みんなが手を伸ばせるのも便利です。



見た目もオシャレです。





そこそこの値段するだけあって、作りもしっかりしています。

厚手の防水ナイロンで2重にしてしっかりと縫い上げ、底部はスペクトラのフィルムでトリム。



ヨットのセールを意識したデザインで、

ヨット乗りは酒飲みだからこういうデザインが売れるだろう、というメーカーの意図が見え隠れしています。

というのは嘘で、コレをつくったのは飲んべえのセーラーにちがいない、というのが正解でしょう。

こんな素敵なワインサーバーで飲んだら、ワインが進んでしまいます。

が、なんせ3リットルも入っているのですから、なかなか飲みでがありますぞ!

とことん行ってください。オウンリスクで~


ブロンド・ワインバックはこちらから




コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ