カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

セーフティライト

シープラザスタッフ サトウです。

セーフティライト
シープラザでもいくつか種類が売られていて、
それぞれに一長一短あるのですが、
それぞれ簡単に特徴をまとめてみました。

昔はセーフティライトといえば白熱球とキセノンチューブ(いわゆるストロボ)だったのですが、
最近LEDが進歩してかなり明るくなり、今やLEDの製品が主流になりつつあります。

白熱球のセーフティーライトは絶滅しました。(ハンドライトとしては残っていますが)


いまのところ おおざっばに

LED・・・・小さい、消費電流がすくない
キセノンストロボ・・明るい、大きめ、実績がある

といった感じです。そのまんまですが。



まずは昔からある
XENEC SL-15ストロボライト

サトウもLEDの無い頃、スキューバダイビングのマーカーライトとして使っていました。

BC にくくりつけたまんまでノートラブルでした。
しっかりとした作りとOリングの防水で信頼性高いです。

  

ベルトもしっかりしています。
先端にボタンが打ってあり、ベルトが抜けてしまわないよう配慮されているところが素晴らしい。
着脱時に落っことしたりする心配がほとんどありません。

保安庁や自衛隊でも使われているはずです。(納品したことありますので)
腕につけても邪魔に感じないギリギリ最大のサイズだと思います。

スイッチは磁気タイプ。

  

黒い防水ケースの内側に磁気スイッチがあり、赤い可動部部に付けられた磁石でon-offコントロールします。

筐体を貫通するパーツがないので、水圧がかかるところで使うライトには必須。



これまた昔からある
ACR デュアルストロボライト「FireFly Plus

ストロボライトとハンドライトが付いた二刀流で、
ストロボライトとしては一斉を風靡したシープラザのベストセラーです。

  

こちらもOリングと磁気スイッチの完全防水タイプ。
スキューバでも使えます。

  

ACRのオリジナルではなく、OEMで同型の製品がけっこう別のメーカーから出ていましたが、製品の細かいパーツのグレードが実は違っていて、ACRのほうが良いように思います。(未確認なのですが)

サトウが使っていた時には、他メーカーのモデルはスイッチ部のネジが錆びたり、透明なライトヘッド部分がすぐに割れたりしましたが、ACRのオレンジモデルではノートラブルでした。

腕につけるにはちょっと大きめ、それに腕に付けるとハンドライトが使いにくい、というのはあります。ヒモをつけてダイビングBCのポケットに入れておいて重宝しました。



LELANDのストロボライトは
明るくて長時間発光を求めるならコレ。
そして安い、というモデルです。

扱い中の製品で唯一、USコーストガードの承認番号が付いています。USCGお墨付きで、安心感があります。

  

平パッキンですがゴミを除いてしっかり締めれば大丈夫。ただし、スキューバに使えるほどの耐圧防水性はないと思います。

スイッチは磁気スイッチです。
単1電池を使うだけあって、大きくてぶっといです。腕につけるとゴロゴロします。

  

救命浮環、浮器につけるにいいかも。
シーカヤックなどに常備しておくのにもお勧め



イマージェンシーフラッシュライトはLEDタイプ

単3電池3本で、50時間使える長寿命です。全製品のなかで一番長く使えるのではないかと思います。
キセノンガスのストロボライトほどの明るさはありませんが、水平3方向+上むき1方向の4LEDで、メーカースペックでは2Km先からも視認可能とのこと。

  

扱いモデル中では最大サイズで、普段から腕に付けるにはちょっと大きいかなあ。

  




W3 SOLAS LEDライト
インフレータブルライフジャケットのホースに装着する非常灯です。

  

とっても小さいので、装着したままたたんでおけます。

正面の2つの点が接点で、ココが濡れると自動的にスイッチオン。8時間連続点灯します。

  

1個のLEDですが、かなりの明るさ、それにどの方向から見ても明るいので感心します。
もちろん手動でも点灯可能。

SOLAS規格の非常灯で、JSAF/ISAFが要求するライフジャケット灯に適合します。
外洋レーサーには必須、そして選択肢のなかではベストバイだと思います。

  

レースに出なくても、インフレータブルジャケットをお持ちなら、付けておいても良いかも。活躍しないにこしたことはありませんが。

電池は交換できません。



"SEE ME" LEDストロボライト
イマドキの最新のLEDセーフティーライトです。

ストロボライトを見慣れた目には、感動的な小ささ、細さ。

腕に装着しても邪魔になりません。ポケットに入れても邪魔になりません。

  

明るさもストロボライトと遜色ありません。
ほぼ全方向に明るく光りますが、上方向についてはLEDよりも明るいように感じます。
単4アルカリ電池本で44時間というロングライフ。ただしLEDはストロボと違い、時間が経つにつれてだんだん暗くなってゆきますので、単純にストロボと比較はできませんが。

スイッチは耐圧防水のライトによくある、回してON-OFFするタイプ。
通常このタイプは、慣れないと回しすぎて外しちゃったりするのですが、
このライトでは普通に回すだけだとON-OFFの両端でストップ、「押し込んで」まわさないと外れない仕組みになっています。

  

これはハッキリ言って素晴らしい。
実によくできてます。
余計なパーツもないからコストがかからず故障もなく、外れちゃうリスクも少なく、ベスト防水スイッチ賞をあげたいくらいです。

このライトで文句を言いたいのは、投げやりな感じのベルクロベルト。
リングも付かない超シンプルな1本モノのベルトで、このまま使ったら装着時に落とします。腕につけてベルクロがはずれたら瞬時に海の藻屑。

一手間かけて、こんな風に縫い付けておくことをお勧めします。

このライトの欠点は、気持ちのこもっていないベルトと値段が高いことでしょうか。


セーフティーライト、という打ち出しではないのですが、
タグイットライト


ガーディアンライト

もお勧め、というか私の好きなマーカーライトです。
安くてシンプルで、耐圧も100Mあります。

  

他のセーフティーライトのように、全方向に明るいわけではありませんが、
正面方向にはむしろこちらのほうが明るいほど。

  

セーフティーライトとして、十二分に機能します。

小さくて値段も安いので、ライフジャケットやオイルスキンに付けっぱなしにしておいてはいかがでしょうか。

スイッチは回しこむと点灯するタイプです。




なんだかダラダラ書いてしまいましたが、参考になったでしょうか。


ちなみにサトウのお勧めは "SEE ME"ライト 


ロングレースに出るならW3 SOLASは必須

  


実際に買って今持っているのは タグイットライト

(犬の散歩用ですけど・・)
です。







コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ