カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

腕時計の歴史を変える??

シープラザスタッフ、サトウです。

腕時計もしくは腕時計型デバイスというのは、おそらく腕時計が誕生してからずーっと、右か左の「あの位置」にあったと思うのです。


手の甲または手のひらを、顔に向けるように顔の前に持ってくる、というのが
腕時計が誕生してから一貫して行われてきた、腕時計を見るための動作でありました。

当たり前のような動作ですがこの動作、けっこう不便なことがありませんか?



車のハンドルを握りながら時間を確認しようとすると
 ・・ハンドルを離さなくてはならず、ステアリング動作に支障をきたします。

高い場所から落ちそうになって何かにぶら下がっているとき、時間が気になったら
 ・・手を離したら落ちてしまいます。



話の長い取引先で、その後の飲み会の時間が気になっているのだが
 ・・時計を見る動作がバレたら、取引がおじゃんになってしまうかも。


セールボートやボードセーリングレースのスタートでも、腕につけたスタートタイマーを見るにはブームやティラーを離したり持ち直ししたりしなくちゃいけません。

また前振りが長くなりました。

そういう不便を解消するべく生み出されたのがこの新しいウォッチベルト「GOKOK」です。




腕時計の位置を、手首から「合谷」と呼ばれる人差し指と親指の間に移しました。



ご自身の手を見てみてください。

この位置に腕時計や腕時計型デバイスがあったら、なにか行っているそのまま文字盤が見えやすくないですか?

ランニング中にフォームを変えずに、文字盤が見えませんか?
メインシートを引く動作のまま、スタートまでの時間が見えませんか?

ロードレーサーやバイクののハンドルを握ったまま、飛行機のステアリングを握ったまま、メモを持ったまま、ライトセーバーを構えたまま・・
視線を移すだけで時間をチェック出来ます。



ちなみに、合谷とは手にあるツボの名前で

「風邪のひきはじめや目、鼻、歯の痛みなど首から上の症状に効果的。ほかにも肩コリ、ストレスなど万能のツボともいわれています。お灸体験にはまず、この合谷でためしてみることをおすすめします。」(せんねん灸さんHPより)
だそうです。

クリアスタートを目指すレーサーの皆さん、
お試しください。

GOKOK  ウォッチバンド左手用 3,560円(税込)
ご購入はこちらからどうぞ。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100025284&eid=58

ページトップへ