カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ダイビングにも「PLB」を

世界の海域で使える個人用遭難信号発信機「PLB」。
ダイバーの漂流事故に対応する、ダイビング用の耐圧防水ハウジングが発売となりました。
レスキューリンク+用 耐圧防水PLBキャニスター 

PLB ACRレスキューリンク+ 日本仕様 


PLBは、大型船舶に搭載が義務付けられた遭難信号発信機「イーパーブ」と同じ全世界的な遭難救助システムです。イーパーブが船舶を登録するのに対し、PLBは個人を登録するという違いだけで、機能的にはほぼ同じものです。

日本での使用が認められ、販売がはじまったのが2016年3月という新しいアイテム。主にヨット・ボートで使われ一般にはまだ広く知られてはいませんが、世界ではすでに50万台以上も普及し、毎年多くの救助実績をのこしています。

PLBについて詳しくはこちらから


ダイバーが自分で選択し、自分の身を守る新しいレスキューアイテム


PLBは、通信手段を持たないダイバーにとって、漂流事故の際にとても有効なレスキューアイテムです。

PLBの発信する遭難信号には、GPSによる位置情報と、誰の所有する機器かがわかる識別番号が含まれています。遭難信号ははるか上空の静止衛星と低軌道を回る衛星を経由し、地球上数カ所にある地上局に受信され、そのエリアの救難組織に共有されます。同時に日本国内で登録されたPLBは、世界のどこにいても海上保安庁に照会されます。

これは、船舶の遭難救助とまったく同じ手順です。

つまり、スイッチを押すと船舶の遭難と同じレベルでオオゴトになりますが、同じように確実に救助機関に連絡が入るということです。

通常漂流事故が起きた際、救助側は現場の海流や風などから位置を推測し、大海原を目視で捜索しなければなりません。レーダーリフレクターを持っていればレーダーが助けになりますが、レーダーの反射が遭難者であるかどうかは行ってみないとわかりません。実際におきてしまった最悪のケースも、ダイバーならいくつか思い当たるのではないでしょうか。

それに対し、PLBを持っていれば救助側には人工衛星を通じて刻々と現在位置が知らされます。救助側はその位置に向かって最短距離で最短の時間で到着できるはずです。


ダイバー用ハウジング

PLB本体は防水性能がありますが、ダイビングに使える耐圧性は持っていません。そこでダイバーが携帯するために必要な耐圧防水ハウジングを準備する必要がありました。
そこで日本で認可されたPLB レスキューリンク+にサイズを合わせて、英国Custom Divers社に制作を依頼したのがこのレスキューリンク+用 耐圧防水PLBキャニスターです。

PLBの国内での認可と耐圧ハウジングの登場により、ダイバーは新たなレスキューアイテムを手にすることができるようになりました。
それは、ガイドやボート任せではなく、はじめてダイバーが自発的に救助手段を持つことができるアイテムでもあります。

PLB レスキューリンク+ 耐圧防水キャニスターはこちらから


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100025284&eid=52

ページトップへ