カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

PLBの使い方

PLBの使い方

各部の名称



シリアル番号・登録番号


シリアル番号、個体識別番号、ビーコンコードは背面に貼ってあります。
遭難信号ではGPSの位置情報といっしょに、ビーコンコードが送信されます。

アンテナの展開、収納



展開
1.アンテナクリップをはずし、アンテナを展開
アンテナを垂直に立てると、ON/OFFボタンとテストボタンが現れます。
(ON/OFFボタンを押すと遭難信号が発信されますのでご注意!)




収納
1. アンテナを倒す
2. 本体に沿って回し
3. スリットの下を通し
4. アンテナクリップに固定
アンテナは必ず正面右側のスリットの下を通して本体外周を回してください。
スリットの上を回して固定するとアンテナクリップが簡単に外れてアンテナが飛び出してしまいます。
また、アンテナクリップを破損して固定できなくなる場合もあります。
誤作動を防ぐために、保管時や携行時には必ずアンテナを収納してください。



非常時には

1.    アンテナクリップをはずし、アンテナを展開、
    垂直に立てて下さい。
2.    ON/OFFボタンを1秒しっかり押して下さい。



●ON/OFFボタンを押すと最初の1分間でストロボライトが1秒に1回、赤いLEDライトが3秒に1回フラッシュし、起動したことを知らせます。
●1分間をすぎ、ストロボライトと赤いLEDライトがともに3秒に1回フラッシュすると、遭難信号が発信されていることを示します。
●赤いLEDが緑に変わると、GPSが位置を測定した合図です。遭難信号とともに、位置情報が送信されています。
その場を動かず、救助隊をお待ち下さい




間違ってON/OFFボタンを押し、起動してしまった場合はON/OFFボタンを5秒押して解除して下さい。その上で必ず船舶無線や電話(118番)で海上保安庁に報告してください。遭難時には絶対に解除しないで下さい。




正しい使用方法

アンテナは障害物の無い空に垂直に立ててお使い下さい。

屋根や障害物の下では、人工衛星に電波が届かない場合があります

GPSも障害物の無い空に向けて下さい。GPSアンテナ位置を隠さないで下さい

アンテナを空に向かって垂直に立立ててお使い下さい

本機は防水ですが、アンテナが水中にあると電波が人工衛星に届きません。
水面から出してお使い下さい





テスト

テストボタンを押すことで、セルフチェック(自己診断)をおこない、本体のライトの点滅で結果を知らせます。
テストボタンを
1秒押すと本体テスト
5秒押すとGPSテスト





テストボタンを1秒押すと本体のセルフチェックテストをおこないます。
5年の電池寿命の間に60回、1ヶ月に1度テストする分の電池容量が計算され、確保されています。






テストボタンを5秒以上押すとGPSの位置測定(測位)テストをおこないます。5年の電池寿命の間に12回テストを行うことができます。
本体正面のGPSマークを隠さないようにして、空のひらけた場所でテストを行ってください。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100025284&eid=44

ページトップへ