カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 
HOME > PLB > PLB

PLB

ヨットやボートからの突然の落水、エンジン停止、船体損傷・・・

シーカヤックやボードセイリングでのでの漂流、
携帯電話は圏外、無線も無い

どうしますか?




「PLB」は、そんな時に頼りになる、最後の命綱。

空が開けている場所ならどこからでも
全世界をカバーする人工衛星網が
あなたの救難信号をキャッチします。



PLBとは


PLBとは、Personal Locator Beacon(携帯用位置指示無線標識)の略。
世界で50万台以上も普及し、多くの命を助けてきた個人用の遭難信号発信機のことです。
この「PLB」が、日本でも使えるようになりました。
人工衛星を使った全世界的な救助システム「コスパス・サーサット」の一環として運用され、携帯電話や船舶無線が通じないような海域でも人工衛星に向けて救難信号を発信することができ、生還の可能性を飛躍的に高めます。



PLBによる遭難信号は、大型客船やタンカーが発信する遭難信号と同じものです。
同じ人工衛星によってキャッチされ、同じ手順で救助機関(日本の場合は海上保安庁)へ伝達されます。



1 遭難者がPLBを作動させると、PLBは人工衛星に向けて405MHz、5Wの電波を発信します。
本体にはGPS が内蔵され、遭難者を特定できる認識番号とともにその位置も伝えられます

2 静止軌道衛星と低軌道衛星、二つのシステムのコスパス・サーサット衛星が信号をキャッチ。遭難信号はただちに遭難信号地上受信局(LUT:Local User Terminal 日本では群馬県に設置されています)に送られます

3 地上受信局が受信した信号は業務管理センター(MCC:Mission Control Center 日本では、霞ヶ関の海上保安庁本庁に設置されています)で分析され、救難調整本部(RCC:Rescue Coordination Center 日本では、管区海上保安本部又は羽田RCC)に伝達

4 救難調整本部が適切な救助活動を調整し、救助が開始されます。

5 GPSによる位置情報で、救助隊はほとんどピンポイントで遭難者のもとに到着します。さらに確実に遭難者が発見されやすくするために、PLBは121.5MHzの電波も発信します。近くまで来た救助隊は、耳で聞くと「ピュー・ピュー」と聞こえるこの信号をキャッチ、どの方向から発信されているかを調べながら、最終的に遭難者を発見します。








● GMDSSとコスパス・サーサット


● PLBの使い方

ACR レスキューリンク+ 日本版

 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100025284&eid=42