カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 
HOME > PLB

PLB

ヨットやボートからの突然の落水、エンジン停止、船体損傷・・・

シーカヤックやボードセイリングでのでの漂流、
携帯電話は圏外、無線も無い

どうしますか?




「PLB」は、そんな時に頼りになる、最後の命綱。

空が開けている場所ならどこからでも
全世界をカバーする人工衛星網が
あなたの救難信号をキャッチします。



PLBとは


PLBとは、Personal Locator Beacon(携帯用位置指示無線標識)の略。
世界で50万台以上も普及し、多くの命を助けてきた個人用の遭難信号発信機のことです。
この「PLB」が、日本でも使えるようになりました。
人工衛星を使った全世界的な救助システム「コスパス・サーサット」の一環として運用され、携帯電話や船舶無線が通じないような海域でも人工衛星に向けて救難信号を発信することができ、生還の可能性を飛躍的に高めます。



PLBによる遭難信号は、大型客船やタンカーが発信する遭難信号と同じものです。
同じ人工衛星によってキャッチされ、同じ手順で救助機関(日本の場合は海上保安庁)へ伝達されます。



1 遭難者がPLBを作動させると、PLBは人工衛星に向けて405MHz、5Wの電波を発信します。
本体にはGPS が内蔵され、遭難者を特定できる認識番号とともにその位置も伝えられます

2 静止軌道衛星と低軌道衛星、二つのシステムのコスパス・サーサット衛星が信号をキャッチ。遭難信号はただちに遭難信号地上受信局(LUT:Local User Terminal 日本では群馬県に設置されています)に送られます

3 地上受信局が受信した信号は業務管理センター(MCC:Mission Control Center 日本では、霞ヶ関の海上保安庁本庁に設置されています)で分析され、救難調整本部(RCC:Rescue Coordination Center 日本では、管区海上保安本部又は羽田RCC)に伝達

4 救難調整本部が適切な救助活動を調整し、救助が開始されます。

5 GPSによる位置情報で、救助隊はほとんどピンポイントで遭難者のもとに到着します。さらに確実に遭難者が発見されやすくするために、PLBは121.5MHzの電波も発信します。近くまで来た救助隊は、耳で聞くと「ピュー・ピュー」と聞こえるこの信号をキャッチ、どの方向から発信されているかを調べながら、最終的に遭難者を発見します。








● GMDSSとコスパス・サーサット


● PLBの使い方

ACR レスキューリンク+ 日本版

 

PLB その2 GMDSS と コスパス・サーサット

GMDSS と コスパス・サーサット

海の遭難に対応し、適切な救助活動をおこなうために、GMDSS (Global Maritime Distress and Safety System : 海上における遭難及び安全に関する世界的な制度)という取り決めが世界の国々の間でなされています。


「SOS」はみなさんご存知だと思います。かのタイタニック号がはじめて使用した、万国共通の遭難信号です。
このモールス信号を使った遭難信号の制度は1999年に終了しました。
変わって現在使われているのが、GMDSSという制度です。

「モールス信号の発信や聞き取りの技術がなくても、24時間いつでも誰でもどこからでも遭難信号が送れる。」

これを目的としたシステムがGMDSSです。


その中心となるのが、人工衛星網を使ったコスパス・サーサット。
コスパス・サーサットで実際に人工衛星を介して遭難信号を送る機器には3つのカテゴリーがあります。

一つ目が「EPIRB」イーパーブです。
大型の船舶には搭載が義務付けられ、遭難時(沈没時)には自動的に船から離れて遭難信号を発信します。



二つ目が「ELT」イーエルティー 
飛行機に搭載され、大きな衝撃等で動作します。



そして三つ目が「PLB」ピーエルビー
個人レベルで使える移動体用の発信機です。


日本では使うことが認められていなかったこの「PLB」が、2015年8月の法改正で使えることになったのです。

イーパーブもPLBもELTも、発信する遭難信号は同じ。周波数も出力も同じです。

まったく同じ手順で、遭難信号は救助機関へと伝達されます。
PLBは手のひらに乗る小さな機械ですが、完全にオフィシャルな救難信号装置であることをきちんと理解してください。

ひとたびスイッチが押されれば、それなりに大ごとになります。
逆に言えば、あなたを救うために、それなりの大ごとの体制で、救助が向かうということです。



PLBの使い方

PLBの使い方

各部の名称



シリアル番号・登録番号


シリアル番号、個体識別番号、ビーコンコードは背面に貼ってあります。
遭難信号ではGPSの位置情報といっしょに、ビーコンコードが送信されます。

アンテナの展開、収納



展開
1.アンテナクリップをはずし、アンテナを展開
アンテナを垂直に立てると、ON/OFFボタンとテストボタンが現れます。
(ON/OFFボタンを押すと遭難信号が発信されますのでご注意!)




収納
1. アンテナを倒す
2. 本体に沿って回し
3. スリットの下を通し
4. アンテナクリップに固定
アンテナは必ず正面右側のスリットの下を通して本体外周を回してください。
スリットの上を回して固定するとアンテナクリップが簡単に外れてアンテナが飛び出してしまいます。
また、アンテナクリップを破損して固定できなくなる場合もあります。
誤作動を防ぐために、保管時や携行時には必ずアンテナを収納してください。



非常時には

1.    アンテナクリップをはずし、アンテナを展開、
    垂直に立てて下さい。
2.    ON/OFFボタンを1秒しっかり押して下さい。



●ON/OFFボタンを押すと最初の1分間でストロボライトが1秒に1回、赤いLEDライトが3秒に1回フラッシュし、起動したことを知らせます。
●1分間をすぎ、ストロボライトと赤いLEDライトがともに3秒に1回フラッシュすると、遭難信号が発信されていることを示します。
●赤いLEDが緑に変わると、GPSが位置を測定した合図です。遭難信号とともに、位置情報が送信されています。
その場を動かず、救助隊をお待ち下さい




間違ってON/OFFボタンを押し、起動してしまった場合はON/OFFボタンを5秒押して解除して下さい。その上で必ず船舶無線や電話(118番)で海上保安庁に報告してください。遭難時には絶対に解除しないで下さい。




正しい使用方法

アンテナは障害物の無い空に垂直に立ててお使い下さい。

屋根や障害物の下では、人工衛星に電波が届かない場合があります

GPSも障害物の無い空に向けて下さい。GPSアンテナ位置を隠さないで下さい

アンテナを空に向かって垂直に立立ててお使い下さい

本機は防水ですが、アンテナが水中にあると電波が人工衛星に届きません。
水面から出してお使い下さい





テスト

テストボタンを押すことで、セルフチェック(自己診断)をおこない、本体のライトの点滅で結果を知らせます。
テストボタンを
1秒押すと本体テスト
5秒押すとGPSテスト





テストボタンを1秒押すと本体のセルフチェックテストをおこないます。
5年の電池寿命の間に60回、1ヶ月に1度テストする分の電池容量が計算され、確保されています。






テストボタンを5秒以上押すとGPSの位置測定(測位)テストをおこないます。5年の電池寿命の間に12回テストを行うことができます。
本体正面のGPSマークを隠さないようにして、空のひらけた場所でテストを行ってください。